日本の食材に目を向けて「医食同源」をかなえる赤坂璃宮

広東料理は、世界中の食材を繊細に、大胆に使いこなすことで知られていますが、私は中国本土にさえひけをとらない日本の食材の瑞々しさをどこよりも讃えています。 海鮮においても、野菜においても、日本の山海の幸は四季折々の慈味に富み、「医食同源をうたう広東料理にこそふさわしい」と考えております。
「赤坂璃宮」は、焼物、フカヒレ、海鮮料理を看板としております。スパイスや油をさりげなく控え、やさしく穏やかな味を演出しております。
広東名菜・赤坂璃宮の味をご堪能ください。

譚彦彬 プロフィール

1943年 横浜中華街生まれ。 
京王プラザホテル「南園」副料理長、ホテルエドモント「廣州」の料理長を経て、1996年9月より「広東名菜 赤坂璃宮」のオーナーシェフとなる。
2004年10月「広東名菜 赤坂璃宮 銀座店」をオープン。
広東料理、中国料理の域を超え、日本人の好みを知り尽くしている譚彦彬の美味な料理は、素材を厳選して、素材の味を最大限に引き出し、限りなく本場に近い広東料理にあくまでもこだわり、多くのファンを魅了している。
赤坂璃宮でしか味わえない「自家製窯焼き叉焼」、「ハタの姿蒸し」「フカヒレ料理」は絶品の逸品。
本場の中国の味を紹介するための研究と、食材の買い付けのため、年に数回、香港、中国に出かけている。

譚澤明 プロフィール

1976年 横浜生まれ
1994年、東京全日空ホテル(現 ANAインターコンチネンタルホテル)「花梨」
2000年 横浜ベイシェラトンHOTEL&TOWER
「彩龍」を経て、2006年より「広東名菜 赤坂璃宮」副料理長に就任。
2012年10月より総料理長に就任。
実父はオーナーシェフの譚 彦彬。

広東名菜 赤坂璃宮 赤坂本店

東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー atrium 2F

ランチタイム
月~金 11:30~15:00(ラストオーダー 14:30)
土日祝 11:30~16:00(ラストオーダー 16:00)
ディナータイム
月~金 17:00~22:30(ラストオーダー 22:00)
土日祝 16:00~21:30(ラストオーダー 21:00)

TEL 03-5570-9323

ホームページはコチラ


広東名菜 赤坂璃宮 銀座店

東京都中央区 銀座6-8-7 交詢ビル5F

営業時間
日曜・祝日
ランチ 11:30~16:00 (ラストオーダー)
ディナー 16:00~20:30(ラストオーダー)
土曜・平日
ランチ 11:30~15:00 (ラストオーダー)
ディナー17:30~22:00(ラストオーダー)

TEL 03-5570-9323

ホームページはコチラ


広東名菜 赤坂璃宮 ホテルモリノ新百合丘店

神奈川県川崎市麻生区上麻生1-1-1 7F(小田急線新百合ヶ丘駅前)

営業時間
ランチ 11:30~15:00 (ラストオーダー)
ディナー 17:00~21:30(ラストオーダー)

TEL 044-953-5111(ホテル代表)

ホームページはコチラ

蓮の実餡月餅

小月餅5ヶ入り……1,500円(税別)
大月餅4ヶと中国茶の詰め合わせ……2,500円(税別)
大月餅6ヶと中国茶の詰め合わせ……3,500円(税別)


肉饅頭

独自の発酵法で作りあげたふかふかの皮と、最高級の上湯(ショントン)で練り上げた上質な豚肉が絶妙な味わいです。

2ケ入り……1,000円(税別)
4ケ入り……2,000円(税別)
6ケ入り……3,000円(税別)


霧島黒豚 広東叉焼[赤坂璃宮監修]

3本セット……5,000円(税別)

良質で甘みのある脂肪が特徴の霧島黒豚を使用して、赤坂璃宮の叉焼をつくりました。素材の旨味を活かした逸品をご堪能ください。


食べるラー油 辣椒醤【赤坂璃宮特製】

赤坂璃宮伝統的製法で、千葉県野田産の「醬(ひしお)」と四川省の豆板醤、にんにく、エシャロット、砂糖、落花生油で煮込んだ特製の辛味曾です。
焼売、餃子、その他お好みでいろいろなものにつけてお召し上がり下さい。

70g入り……1,000円(税別)


自家製 XO醤【赤坂璃宮秘伝】

北海道産の干し貝柱、全華ハム、生唐辛子、エシャロット、落花生油、他13種類のスパイスを加え、約1時間煮込んだ後、更に蒸し上げた海鮮辛味噌です。 そのままおつまみとして、野菜、海鮮の妙めもの隠し味、薬味としてお使い下さい。

70g入り……2,200円(税別)

赤坂璃宮 フォトギャラリー